トライアルnews|スマートレジカート導入「アイランドシティ店」2/14オープン

(株)トライアルカンパニー(福岡県福岡市、楢木野仁司社長)は、スマートストア「スーパーセンタートライアルアイランドシティ店」を明日2月14日(水)にグランドオープンする。

この「スマートストア」開発にはパナソニック(株)(大阪府門真市、津賀一宏社長)と(株)Remmo(東京都千代田区、粥川直人社長)が加わり、IT・AI技術を融合させた「レジレス店舗」が実現した。

具体的な開発案件は2つある。
一つは、顧客購買行動の分析システムだ。トライアルが開発した商品動向を分析することができるAI活用のスマートカメラと、パナソニックが開発したお客の動きを分析することができるVieurekaプラットフォームの両者によって、顧客の購買行動が分析される。

そのために、店内に総数700台のスマートカメラが設置される。

そのうちの100台は顧客(来店人数、年代、性別)の消費行動をウォッチする。観測されたデータは、VieurekaプラットフォームとPUX(株)の画像認識エンジンによって、カメラ内で来店客の属性と行動として分析され、その結果データはクラウドに直接送信される。

さらに残りの600台のスマートカメラは、これも画像認識エンジンと連動して、商品棚の商品陳列、商品接触を分析する。

この仕組みによって、顧客のプライバシーを守りながら、その行動を可視化・定量化することができる。そのうえで、分析されたデータをもとに、商品の見つけやすさや品揃えの改善に活かし、商品棚の欠品を防ぐことに役立てる。

もう一つは、人手不足とお客のレジ待ち不満を解消するために、Remmoと共同開発したタブレット決済機能付きのレジカートを導入する。レジカートとは、ショッピングカートそのものにセルフレジ機能を搭載したもので、専用のプリペイドカードでログインすれば、通常のレジに並ぶことなく、ボタン一つで会計を済ませることができる。ただし利用時間は9時から21時の繁忙時間限定だ。

レジカートのタブレットの画面上には、売場でスキャンされた商品情報に基づいたレコメンドが表示される。買い忘れの防止を促すとともに、購買喚起の店頭メディアとして利用される。

トライアルは、「流通情報革命」をスローガンに、テクノロジーによる流通変革を目指すとしている。プレスリリースには、小売業ではなく「IT企業としてのノウハウを流通業に生かし」た店舗展開を行うと謳っている。レジレス店舗開発は、アメリカだけでなく日本でも喫緊のテーマだが、トライアルは「スマートストア」のオープンによって、一歩先んじる形となった。

■スーパーセンタートライアルアイランドシティ店概要
住所/福岡県福岡市東区香椎照葉5丁目2-23
アクセス/JR香椎線雁ノ巣駅車7分、JR香椎線香椎駅車12分
営業時間/24時間営業
レジカート利用時間/9~21時

検索ワード:トライアル スーパーセンター アイランドシティ スマートストア パナソニック Remmo

関連カテゴリー

店舗 最新記事

一覧

最新ニュース

一覧