ユニーファミマnews|西日本豪雨の被災地へ支援物資配送/全店で募金開始

ユニー・ファミリーマートホールディングス(株)(東京都豊島区、髙柳浩二社長)は、西日本豪雨の被災地への支援として、ファミリーマートが愛媛県宇和島市への緊急支援物資の配送を行うとともに、グループ全店で、7月10日(火)から義援金募金を受け付ける。

義援金募金は、7月10日(火)~7月23日(月)の14日間店頭で行われる。名称は「平成30年7月梅雨前線等による大雨災害義援金募金」。集まった募金は、日本赤十字社を通じて被災地に届ける予定だ。

ファミリーマートでは、ファミリーマート・サークルK・サンクス約1万7000店で、ユニーではアピタ・ピアゴ192店舗、ミニピアゴ77店舗、MEGAドン・キホーテUNY6店舗の計275店舗で実施する。

またファミリーマートは、愛媛県からの要請に基づき支援物資を手配した。7月9日(月)の13時に、水600mlなど5100本を、宇和島市役所三間支所に届けた。

関連カテゴリー

戦略 最新記事

一覧

最新ニュース

一覧