セブン&アイニュース|セブン-イレブンがセイノーと宅配業務で提携

(株)セブン‐イレブン・ジャパン(東京都千代田区、古屋一樹代表取締役社長)とセイノーホールディングス(株)(岐阜県大垣市、田口義隆代表取締役社長)は4月21日、商品を客の自宅に届ける宅配サービスで、業務提携を結んだ。

セブン‐イレブンは、2000年から、お届けサービス「セブンミール」を全店の8割近い全国1万5000店舗で展開しているが、接客業務と平行して実施しているため、配達の頻度は昼と夕方など1日数回に限られていた。
そのため、宅配業務を外部委託できる体制を組む。

セイノーは子会社「GENie〈ジーニー〉(株)」を2016年7月に設立している。この会社から「ハーティスト」と呼ばれる配達員がセブンの加盟店に派遣され、複数の店舗を巡回して宅配する。これによって、注文から1時間半後に届けるといった多頻度の配達が可能になる。
配達の際には、他に購入したいものがないかの「ご用聞き」し、同時に見守り活動等も行う。

日経新聞によればセブン-イレブンとセイノーによる宅配サービスは、広島のほか、埼玉、東京、愛知、岐阜、三重、石川、香川の1都7県にある約150店ですでに始動している。2019年2月末までの本年度で全国のセブン-イレブン3000店舗に広げる計画だ。

お届けサービスの「セブンミール」の売上高は17年2月期に266億円。前期比で16%増えた。弁当が中心だったが、弁当以外の商品の宅配需要も伸びていて、今後も拡大すると見込まれる。

お届けサービス車両イメージ
ION1

■専用会社の概要
名称:GENie〈ジーニー〉(株)
所在地:東京都中央区日本橋浜町二丁目18番7号
代表者:河合秀治代表取締役社長
設立:2016年7月11日 ※2017年3月7日商号変更
資本金:1000万円(セイノーHDグループ100%)
HP:http://genie.net.jp

検索ワード:セブン‐イレブン・ジャパン セイノーホールディングス GENie〈ジーニー〉

関連カテゴリー

戦略 最新記事

一覧

最新ニュース

一覧