イオンnews|「おにぎりアクション2017」開催/発展途上国の子ども給食支援

イオン(株)(千葉県美浜区、岡田元也社長)は、10月16日「世界食料デー」に合わせて、10月9日(月)から22日(日)まで、本州と四国の「イオン」「イオンスタイル」400店舗で「おにぎりアクション2017」を実施する。

「おにぎりアクション」はおにぎりに関する商品の購入や写真投稿数に応じて、協賛団体がアフリカ・アジアの子どもたちの給食支援に寄付をするソーシャル型ドネーション。

この「おにぎりアクション」運営するのは、社会運動組織「TABLE FOR TWO」。開発途上国の飢餓と先進国の肥満・生活習慣病の解消に同時に取り組むことを目的に2007年設立された。すでに10年間で、日本国内外での「TABLE FOR TWO」プログラムへの参加企業・団体数は700を超えている。

参加企業の対象商品を購入したり、参加するレストランが提供する定食を食べることで、1食(商品)につき20円の寄付金が、「table for two」を通じて開発途上国の子どもの学校給食用に届けられるという仕組みだ。この20円は途上国の1食分をまかなう。

「TABLE FOR TWO」では、世界食糧デーに合わせてキャンペーンを行っているが、2016年は、10代~30代のSNS世代を中心に、世界中から約11万枚の写真が集まり、85万食の給食支援につながった。「おにぎりアクション2017」キャンペーン自体は10月5日から11月15日まで展開される。

イオンは2016年から「おにぎりアクション」プログラムに参加し、昨年はアジア・アフリカの子どもたちの1400人の給食1年分に相当する約28万食の寄付支援を行っている。今年も対象商品18社42品目を販売することで、寄付活動につなげていく。

協賛企業は、旭化成ホームプロダクツ、イオントップバリュ、伊藤園、くらこん、神明、トノハタ、永谷園、ニコニコのり、ニチレイフーズ、日本ハム、日本水産、はくばく、はごろもフーズ、丸大食品、丸美屋食品工業、マルヤナギ小倉屋、三島食品、大和産業。

検索ワード:イオン イオンリテール おにぎりアクション TABLE FOR TWO

関連カテゴリー

戦略 最新記事

一覧

最新ニュース

一覧