ファーストリテイリングnews|5カ国の難民にエアリズムマスク100万枚寄贈

CSR

(株)ファーストリテイリング(山口県山口市、柳井正会長兼社長)は国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)と、新型コロナウイルス感染症の影響が拡大する世界の難民の支援に向けて連携を強化していく。

その一環として、ファーストリテイリングは2月末以降順次、アルゼンチン、イラク、エジプト、チリ、ボリビアの5カ国を含む難民・避難民に、ユニクロの「エアリズムマスク」計約100万枚を寄贈する。マスクはUNHCRを通じて、とくに脆弱な環境にある難民の家族を中心に配布される計画だ。

世界各地で紛争や迫害のために避難を余儀なくされた人の数は7950万人(2019年末時点)を超え、その多くが、医療・公衆衛生のサービスが十分でない環境での暮らしを余儀なくされている。新型コロナウイルス感染症の世界的な感染拡大を受け、難民キャンプや都市部の密集した空間での生活のリスクは高まっている。

ファーストリテイリングとUNHCRはグローバルパートナーシップに基づき、こうした状況下で難民・避難民を守り、「誰一人取り残さない」持続可能な世界の実現に向けての取り組みを推進していく。

柳井正会長兼社長は「真に持続的な社会の発展には、世界で最も脆弱な立場に置かれた難民の人々が安全に生存できる環境と、自立に向けた生活の再建が欠かせないという考えの下、 UNHCRと連携して、 10年以上にわたり衣料支援などを行ってきました。新型コロナウイルス感染症の脅威に直面する難民への支援を継続するとともに、今後も服のビジネスを通じて、中長期的な難民問題の解決に貢献する取り組みを推進していきます」と語っている。

新時代のアプリ戦略「チラシを廃止しても成功した小売店の秘訣」 ~導入効果を最大化させる5つの方法~
新時代のアプリ戦略「チラシを廃止しても成功した小売店の秘訣」 ~導入効果を最大化させる5つの方法~

関連カテゴリー

CSR

CSR 最新記事

一覧

最新ニュース

一覧