赤ちゃん本舗news|「フチまる傘」「ひらけ!フタップPlus」がキッズデザイン賞

CSR

(株)赤ちゃん本舗(大阪市中央区、味志謙司社長)は、特定非営利活動法人キッズデザイン協議会が主催し、経済産業省・内閣府・消費者庁が後援する「第15回キッズデザイン賞」を受賞した。受賞商品は「フチまる傘」「ひらけ!フタップPlus」の2品。

主催するキッズデザイン協議会は、次世代を担う子どもたちの安全・安心の向上と、健やかな成長発達につながる社会環境の創出のために、さまざまな企業・団体が業種を超えて集い合うNPO法人。キッズデザインの理念を広く普及・啓発し、子ども目線での製品・コンテンツ開発が拡がっていくことを目的として、2007年から活動している。キッズデザイン賞には、これまで5785点の応募があり、受賞数は3439点となっている。赤ちゃん本舗では11年連続、通算29件の受賞となる。

「フチまる傘」は初めて傘を持つ子や傘に興味を示し始める2~3歳の子も安心して使える、つゆ先のない傘だ。つゆ先をなくすことで「目をつく」「人に当たる」などの不安を軽減する。成長に合わせて買い替えができる3サイズを展開している。

「ひらけ!フタップPlus」は、自宅や外出先でおむつ替えがしやすいように、おしりふきをスムーズに取り出せるフタ。独自の粘着素材で長期間繰り返して取り外し・取り付けが可能で、やわらかいシートでも破れずに取り出しやすい。シートが乾きにくい構造設計で、抗菌仕様に仕上げている。

新時代のアプリ戦略「チラシを廃止しても成功した小売店の秘訣」 ~導入効果を最大化させる5つの方法~
新時代のアプリ戦略「チラシを廃止しても成功した小売店の秘訣」 ~導入効果を最大化させる5つの方法~

関連カテゴリー

CSR

CSR 最新記事

一覧

最新ニュース

一覧