大創産業news|DAISO店舗で環境配慮型商品・買物かごを導入

CSR

100円ショップを展開する(株)大創産業(広島県東広島市、矢野靖二社長)は、環境に配慮した取り組みの一環として9月から環境配慮型商品(ECO商品)を拡充しているが、10月からは100%リサイクル原料を使用した抗菌仕様の買物かごを順次導入していく。

DAISOで取り扱うプラスチック製品について、環境に配慮した素材への転換が可能なものから順次取り入れることを目指し、以下の2つの施策を実施することを決定した。

•環境配慮型商品(ECO商品)の取り扱い
植物由来の成分を配合したポリ袋や、プラスチックカップ・木材を使わずにサトウキビの絞りかすからつくる紙皿などの環境配慮型商品を、現在の約200商品から、2022年春に向け約2倍に拡充する。まず、21商品については9月から順次、全国のDAISOで発売している。同時に、既存商品も含めてパッケージの統一を図り、環境配慮型商品であることがすぐわかるようにしていく。

•リサイクル原料を利用した抗菌買物かごへの入れ替え
10月末以降にオープンするDAISO店舗では、100%リサイクル原料(ポリプロピレン)を使用した抗菌仕様の買物かごを導入する。これは廃プラスチックなど一度使用した合成樹脂原料を再利用したもので、LCA(ライフサイクルアセスメント)の観点からもCO2排出削減による温室効果ガスの削減、地球温暖化抑制につながる。旗艦店への入れ替えを優先的に行い、既存店については年間で約100〜150店への導入を目標としている。

新時代のアプリ戦略「チラシを廃止しても成功した小売店の秘訣」 ~導入効果を最大化させる5つの方法~
新時代のアプリ戦略「チラシを廃止しても成功した小売店の秘訣」 ~導入効果を最大化させる5つの方法~

関連カテゴリー

CSR

CSR 最新記事

一覧

最新ニュース

一覧