ローソンnews|「menu」デリバリーサービスを東京・大阪88店舗で9/30開始

(株)ローソン(東京都品川区、竹増貞信社長)は、menu(株) (東京都千代田区、渡邉真社長)が運営するデリバリー&テイクアウトアプリ「menu(メニュー)」の取り扱いを、9月30日(木)から東京都56店舗・大阪府32店舗の計88店舗のローソンで開始する。

これにより、ローソンのデリバリーサービスの取り扱いは、「Uber Eats」「foodpanda」「Wolt」「DiDi Food」と合わせて合計5社となり、導入店舗は33都道府県の2204店舗となる。

「menu」のサービスの特徴は、1回の注文で異なる2店舗の商品を選ぶことができる「コンボ注文」だ。2回に分けて注文するよりも配送料が安いうえに、まとめて商品が届くので、ローソンのドリンクやデザートと、飲食店メニューを組み合わせるなど、利用の範囲が広がる。ただし、コンボ注文は、その店舗から半径100m以内の店舗が対象となる。

「menu」のサービス時間は12時間(10時~22時)、16時間(8時~24時)、24時間の3パターンで、個店によって異なる。取り扱う商品は弁当、おにぎり、麺類、フライドフーズ、デザート、ベーカリー、冷凍食品、おつまみ、飲料、 酒類、カップ麺、日用品、雑誌など約500品目。

ローソンでは、2019年8月に日本のコンビニエンスストアでは初めて「Uber Eats」を導入した。コロナ下によるデリバリー需要の高まりを受けて、2020年11月に「foodpanda」を、2021年4月に「Wolt」を、2021年7月に「DiDi Food」を導入している。また、2021年2月からは「Uber Eats」では国内初となる医薬品の配送を開始し、現在28店舗で展開している。

新時代のアプリ戦略「チラシを廃止しても成功した小売店の秘訣」 ~導入効果を最大化させる5つの方法~
新時代のアプリ戦略「チラシを廃止しても成功した小売店の秘訣」 ~導入効果を最大化させる5つの方法~

関連カテゴリー

Eコマース 最新記事

一覧

最新ニュース

一覧