イオンモールnews|7/30「蘇州園区湖東」改装オープン/53店舗を刷新

イオンモール(株)(千葉県千葉市、岩村康次社長)は、中国江蘇・浙江省エリアで運営する商業施設「イオンモール蘇州園区湖東」をリニューアルし、7月30日(金)にグランドオープンする。

イオンモール蘇州園区湖東は、2015年5月にオープンし、今年で6年目を迎える。モール周辺は、技術開発区として交通インフラ整備や住宅開発など、継続的に発展している。急速に変化する顧客のライフスタイルに応えるため、2019年4月にも大型リニューアルを実施している。

今回の二度目のリニューアルでは、「Unlock new space in AEONMALL」をコンセプトに、飲食店や上質感のあるファッションブランドの充実、人気店舗の集まるスポーツゾーンの拡大など、新店34店舗を含む53店舗を刷新する。施設面でも、休憩スペースや女性トイレ・授乳室などを刷新し、より快適な買物環境を提供する。

1階〜3階レストラン街では、話題の中華料理店を中心に13店舗が新たに出店する。
上海で高い人気を誇る「馬記永」が蘇州エリアに初進出し、蘭州牛肉ラーメンを中心に西北地区の料理を提供する。また、成都無形文化遺産にも登録されるソウルフード “成都肥肠粉(ホルモンのビーフン)” を提供する「甘食記」、上海を拠点として、江蘇・浙江エリアを中心に約90店舗を展開する牛肉火鍋店「左庭右院」、地元蘇州の人気店「新梅华」、香港料理レストラン「合興発」なども新たにオープンする。

トレンドファッションでは、都市型のライフスタイルに対応したアパレルブランドが新たに12店舗出店する。
自由でありつつ、シンプルで美しいライフスタイルを提案する「Meilleurmoment(麦檬)」、上質感のあるファッションを展開する「Re-BLUE」、セレクトショップ「西町村屋」のハイクラスブランド「宅・慧影」、台湾発のカジュアルブランド「鬼洗」など。

⼈気スポーツブランドが移転・拡⼤し、スポーツゾーンをパワーアップする。
1階南広場を中心に合計5店舗を展開する「スポーツゾーン」には、人気の高い「adidas」と「Converse」が移転・拡大する。「adidas」は、蘇州エリア最大級の約1800㎡の広さになる。

雑貨では、バラエティ豊かな大型雑貨・サービス専門店10店舗が出店する。
1階中央広場には、人気のライフスタイル雑貨店「KKV」が1000㎡を超える大型店舗として出店。コンテナをイメージした空間に日用雑貨、文具、食品、HBCまで幅広く取り揃える。

■イオンモール蘇州園区湖東
責任者/イオンモール蘇州園区湖東 ゼネラルマネージャー 山本 匡秋
イオン蘇州園区湖東店 店長 邵 枫
核店舗/イオン蘇州園区湖東店
専門店数/約200店舗
敷地面積/約9万9000㎡(2万9948坪)
延床面積/約21万7000㎡(6万5643坪)
総賃貸面積/約7万5000㎡(2万2688坪)
駐車台数/約3000台
駐輪台数/約1200台
従業員数/約2400人
営業時間/専門店10:00~22:00
イオン蘇州園区湖東店9:00~22:00
休業日/年中無休

新時代のアプリ戦略「チラシを廃止しても成功した小売店の秘訣」 ~導入効果を最大化させる5つの方法~
新時代のアプリ戦略「チラシを廃止しても成功した小売店の秘訣」 ~導入効果を最大化させる5つの方法~

関連カテゴリー

店舗 最新記事

一覧

最新ニュース

一覧