東武&ファミマnews|ファミリーマート岩槻駅店に無人決済システム導入

東武鉄道(株)(東京都墨田区、根津嘉澄社長)と東武商事(株)(都筑豊社長)、および(株)ファミリーマート(東京都港区、細見研介社長)は、東武アーバンパークライン岩槻駅の「ファミリーマート岩槻駅店」を、無人決済システムを導入した実用化店舗として、10月12 日(火)にリニューアルオープンした。

無人決済システムは(株)TOUCH TO GOが開発したものを導入。店内に設置されたカメラなどの情報から入店したお客と手に取った商品をリアルタイムに認識して、お客が出口付近の決済エリアに立つとタッチパネルに自動的に購入商品と合計金額が表示される。現金あるいは電子マネーで支払いをするだけでスピーディに会計が済む。

通常の有人レジ店舗に比べ、時間節約ニーズの高い朝や移動の合間などに短時間で買物ができるようになり、鉄道利用のお客の利便性向上につながる。またレジ業務がなく、省力化が可能となるため、店舗のオペレーションコストが低減できる。ウォークスルー型の無人決済店舗のため、ストアスタッフとの接触を極力減らすことができる。

新時代のアプリ戦略「チラシを廃止しても成功した小売店の秘訣」 ~導入効果を最大化させる5つの方法~
新時代のアプリ戦略「チラシを廃止しても成功した小売店の秘訣」 ~導入効果を最大化させる5つの方法~

関連カテゴリー

店舗 最新記事

一覧

最新ニュース

一覧