セブンーイレブンnews|四国4県351店舗で食品ロス削減テスト

(株)セブン‐イレブン・ジャパン(東京都千代田区、永松文彦社長)は販売期限の迫ったおにぎりや弁当などを購入したお客にnanacoボーナスポイントを付与するテストを、10月30日(水)から、四国4県のセブン‐イレブン351店舗(2019年9月末現在)で実施する。「エシカルプロジェクト」の一環として、食品ロス削減を目的にした初めてのエリアテストになる。

(写真はイメージ)

対象商品には販売期限の3時間前から店舗で「バーコード付シール」を添付する。お客が該当商品をnanacoカードで購入したときに、税抜価格に対し5%分のnanacoボーナスポイントを付与する。

対象商品はおにぎり、弁当、寿司などの「米飯」、サンドイッチ、ロールなどの「調理パン」、レンジ麺、スパゲティなどの「麺類その他」の3つのカテゴリー商品だ。

今回のエリアテストの効果を検証した上で、2020年春の全国拡大を目指していく。

 

流通手帳2022年度版流通関連データ60ページ付き~ノウハウを持ち運び〜
流通手帳2022年度版流通関連データ60ページ付き~ノウハウを持ち運び〜

関連カテゴリー

戦略 最新記事

一覧

最新ニュース

一覧