ユニクロnews|スウェーデンオリ・パラ委員会とパートナー契約’24年まで延長

(株)ユニクロ(山口県山口市、柳井正会長兼社長)は、2019年1月に締結したスウェーデンオリンピック委員会とのメイン・オリンピック・パートナー契約、およびスウェーデンオリンピック・パラリンピック委員会とのオフィシャル・クロージング・パートナー契約を2年間延長し、2024年にフランス・パリで開催予定のオリンピック・パラリンピック競技大会まで契約を継続すると発表した。

東京オリンピックを経て、スウェーデン両委員会とユニクロがともに掲げる「スポーツと服のチカラを通して明るく元気な未来をつくる」という思いがより一層強くなったことで、契約の延長が決定した。ユニクロは2019年1月以降、スウェーデン代表選手団や大会関係者に衣類やアクセサリー類を提供し、2022年開催予定の北京冬季大会までのサポートを発表していたが、契約延長により、2023年1月1日~2024年12月31日の期間も、スウェーデン代表選手団をサポートし、応援していく。

パリ大会で提供するアイテムは、移動、トレーニング、開閉会式、メダル授与式など選手団の大会時や日常のあらゆるシーンに対応できるコレクションと大会競技ウエアになる。

また、両委員会との共同プロジェクト「Dream Project by UNIQLO」を継続し、若者や子どもたちがトップアスリートたちとの交流を通して、スポーツを知り、アクティブで健康的な過ごし方を学び、体験する場を提供する活動を促進していく。スウェーデンアスリートと協働することで、ユニクロのクオリティ、イノベーションへの追求と、そしてサステナビリティの取り組みを発信していく。

新時代のアプリ戦略「チラシを廃止しても成功した小売店の秘訣」 ~導入効果を最大化させる5つの方法~
新時代のアプリ戦略「チラシを廃止しても成功した小売店の秘訣」 ~導入効果を最大化させる5つの方法~

関連カテゴリー

戦略 最新記事

一覧

最新ニュース

一覧