関西スーパーnews|H2Oとの経営統合に伴う持株会社体制の概要を発表

M&A

(株)関西スーパーマーケット(兵庫県伊丹市、福谷耕治社長)は9月30日、エイチ・ツー・オーリテイリング(株)(大阪市北区、荒木直也社長、以下H2O)との持株会社体制への移行に伴う吸収分割、商号変更、代表取締役の異動に関する概要を発表した。

同社は8月31日の取締役会で、関西スーパーマーケットを株式交換完全親会社、H2O子会社(イズミヤ・阪急オアシス)を株式交換完全子会社とする株式交換、並びに、関西スーパーマーケットを吸収分割会社、KS分割準備(株)を吸収分割承継会社とし、関西スーパーマーケットが営む一切の事業を承継させる吸収分割により、H2Oリテイリングが関西スーパーマーケットを子会社化することを決議した。

この決議に基づいて9月22日には、関西スーパーマーケットの事業を承継する会社として、同社100%子会社のKS分割準備(株)を設立した。

そのKS分割準備(株)は 2022年2月1日に、吸収分割の効力が発生することを条件として、商号を「関西スーパーマーケット」に変更する。

吸収分割会社の関西スーパーマーケットは、その吸収分割の効力が発生することを条件として、吸収分割効力発生日である2022年2月1日付で、商号を「関西フードマーケット」に変更し、スーパーマーケット3社を束ねる中間持ち株会社となる。

関西スーパーマーケットとH2O傘下のスーパーマーケット2社(イズミヤ・阪急オアシス)の経営統合に伴って、株式交換効力発生日(12月1日の予定)付で、(株)エイチ・ツー・オー 食品グループ代表取締役社長の林克弘氏が、関西スーパーマーケットの代表取締役社長に就任することが内定。

関西スーパーマーケットの福谷社長は、同日付で代表取締役を辞任によって退任する。福谷氏は、今後はKS分割準備会社の代表取締役社長を務め、引き続き関西フードマーケットの取締役も兼務する予定だ。

 

新時代のアプリ戦略「チラシを廃止しても成功した小売店の秘訣」 ~導入効果を最大化させる5つの方法~
新時代のアプリ戦略「チラシを廃止しても成功した小売店の秘訣」 ~導入効果を最大化させる5つの方法~

関連カテゴリー

M&A

M&A 最新記事

一覧

最新ニュース

一覧