サミットnews|都市型農場野菜「インファーム」を成城店・野沢龍雲寺店で販売

サミット(株)(東京都杉並区、服部哲也社長)は「Infarm(インファーム)」の野菜を9月24日(金)から東京都世田谷区のサミットストア成城店で販売を開始し、10月1日(金)からはおなじく世田谷区の野沢龍雲寺店でも販売を予定する。これによりインファーム導入店舗は、先行導入した五反野店(東京都足立区)とあわせて3店舗になる。

販売するのはイタリアンバジル、パクチー、わさびルッコラの3アイテム。3種ともに本体価格198円で販売する。

サミットは Infarm-Indoor Urban Farming GmbH(ドイツ連邦共和国ベルリン市、共同創業者:Erez Galonska, Guy Galonska, Osnat Michaeli)、および Infarm-Indoor Urban Farming Japan(株)(東京都渋谷区、平石郁生社長)と提携。2021年1月下旬から、サミットストア五反野店でインファームのファーミングユニットを導入している。

ファーミングユニットとは、それぞれの作物の育成状況に合わせた環境を整えることができる屋内垂直農法の仕組み。このファーミングユニットで栽培された野菜やハーブは新鮮で香りがよいのが特徴だ。五反野店では顧客に好評で、生のまま料理の仕上げに使われるなど、さまざまな用途で利用されているという。

新時代のアプリ戦略「チラシを廃止しても成功した小売店の秘訣」 ~導入効果を最大化させる5つの方法~
新時代のアプリ戦略「チラシを廃止しても成功した小売店の秘訣」 ~導入効果を最大化させる5つの方法~

関連カテゴリー

新商品 最新記事

一覧

最新ニュース

一覧