スギ薬局news|豊明市で医療・小売・公共施設への「乗り合い送迎サービス」実験

(株)スギ薬局(愛知県大府市、杉浦克典社長)とアイシン精機(株)(愛知県刈谷市、伊勢清貴社長)は、「乗り合い送迎サービス」の実証実験を7月24日(火)から開始する。

このサービスは、愛知県豊明市健康長寿課の支援を受けて実施されるもので、同市仙人塚地区がその対象となる。

高齢化が進むなか、いわゆる「買物難民」の増加が社会問題化しているが、こうした人々は、自力での通院が困難であるために適切な診療や服薬指導を受けることが困難な「医療難民」であるとも言える。

この問題を解決するため、同社は医療機関や公共施設、フィットネスクラブ、スーパーマーケットなどの施設を結ぶ移動支援サービスを提供する。

この実証実験は、指定地区から豊明市内・近郊の医療機関を中心とした指定停留所への送迎サービス。事前に複数の利用者の希望目的地・希望到着時刻を専用システムで計算し、効率的な送迎サービスを運行する。

■乗り合い送迎サービス実証実験の概要
期間/7月24日~12月25日
場所/愛知県豊明市仙人塚地区
対象者/指定地区の居住者(事前に会員登録が必要)
実施主体/乗り合い送迎サービス「チョイソコ」事務局(スギ薬局とアイシン精機が運営)
サービス実施時間/平日の午前9時~午後4時

新時代のアプリ戦略「チラシを廃止しても成功した小売店の秘訣」 ~導入効果を最大化させる5つの方法~
新時代のアプリ戦略「チラシを廃止しても成功した小売店の秘訣」 ~導入効果を最大化させる5つの方法~

関連カテゴリー

戦略 最新記事

一覧

最新ニュース

一覧