イオン九州news|「姶良きんこうWAON」利用額の0.1%を姶良市に寄付

CSR

イオン九州(株)(福岡市博多区、柴田祐司社長)は6月5日(水)、イオングループの代表として、電子マネー「姶良きんこうWAON」の2023年度利用合計金額の0.1%に相当する90万8150円を姶良市に寄付する。

この寄附金は姶良市の産業振興と地域活性化事業に役立てられる。

イオンと姶良市は2016年1月22日に、子育て支援、観光・スポーツ・文化の振興や商工業との連携、ICTの推進と活用など計11項目においてより緊密な連携を図り、地域の一層の活性化と市民サービスの向上に取り組むことを目的とした「地域貢献協定」を締結している。同取り組みの第一弾として、「姶良きんこうWAON」は、同年3月8日に発行されている。累計発行枚数は3万7513枚(2024年2月末時点)となり、 累計寄附金額は451万3255円となった。

関連カテゴリー

CSR

CSR 最新記事

一覧

最新ニュース

一覧