9月スーパーマーケット統計|9022億円1.0%増、既存店0.4%減は11カ月連続

スーパーマーケット販売統計9月度が発表された。日本スーパーマーケット協会(JSA)、オール日本スーパーマーケット協会(AJS)、全国スーパーマーケット協会(NSAJ)の全国の会員企業270社の調査結果だ。

総売上高は9022億3217万円で前年同月比1.0%増。ただし既存店は0.4%減で2018年の11月から11カ月連続で前年を下回っている。

内訳は9割を占める食品が8176億8643万円の1.1%減、非食品が621億9352万円の8.5%増、その他が223億5276万円の0.4%減。

青果は1278億9169万円の4.6%減。前年は猛暑や台風被害などの影響で野菜相場が高騰したが、今年はその反動で単価が下落して不調部門となった。月を通じて気温が高く、葉物や根菜類、キノコ類などの鍋用野菜の動きが悪かった。果物類は相場高、入荷不足傾向であった。

水産は750億5932万円の2.4%減。旬のサンマが記録的な不漁で、大きく売上げを落とした。イカの不漁の影響も続いている。

畜産は1011億3087万円の4.2%減。牛肉は、連休や週末などはブランド牛、平日は輸入牛の動きがよく、ステーキ・焼肉用の商材が好調だった。

惣菜は951億6413万円の0.9%増。気温が高かったことにより、おつまみメニューの動きがよかった。好天に恵まれた地域では、行楽需要の高まりで米飯類が好調だった。

日配品は 1767億9990万円で1.8%減。アイス、飲料は好調の反面、おでん関連や麺類などホット商材が不調だった

一般食品は621億9352万円。軽減税率対象外の酒類、みりんや医薬部外品の飲料は駆け込み需要での2.3%伸長した。

全店売上高 売上高
構成比
既存店前年同月比
総売上高 9022億3217万円 (100.0%) ▲0.4%
食品合計 8176億8643万円 (90.6%) ▲1.1%
生鮮3部門計 3040億8189万円 (33.7%) ▲3.9%
・青果 1278億9169万円 (14.2%) ▲4.6%
・水産 750億5932万円 ( 8.3%) ▲2.4%
・畜産 1011億3087万円 (11.2%) ▲4.2%
惣菜 951億6413万円 (10.5%) +0.9%
日配 1767億9990万円 (19.6%) ▲1.8%
一般食品 2416億4050万円 (26.8%) +2.3%
非食品 621億9352万円 ( 6.9%) +8.5%
その他 223億5276万円 ( 2.5%) ▲0.4%

 

スーパーマーケット販売統計調査2019年9月

新時代のアプリ戦略「チラシを廃止しても成功した小売店の秘訣」 ~導入効果を最大化させる5つの方法~
新時代のアプリ戦略「チラシを廃止しても成功した小売店の秘訣」 ~導入効果を最大化させる5つの方法~

関連カテゴリー

統計 最新記事

一覧

最新ニュース

一覧