マックスバリュ東海news|9/4「豊田四郷店」(569坪)開設/じものを強化

マックスバリュ東海(株)(静岡県浜松市、神尾啓治社長)は9月4日(金)、愛知県豊田市のショッピングセンター「四郷スマートタウン」に「マックスバリュ豊田四郷店」をオープンする。豊田市では初出店、愛知県では49店目、全体では227店目の出店だ。売場面積は569坪。購入した商品をその場で喫食できるイートインコーナーを33席用意する。

「四郷スマートタウン」は国道419号線に隣接し、愛知環状鉄道四郷駅の東約300mに位置する。

農産部門では、地元で採れた野菜や果物を取り揃え、「旬」や「鮮度」をアピールするとともに、下ごしらえ野菜などの半調理品商品やオーガニック商品などを拡充する。

地元の新鮮な鮮魚を一色市場から直送し、丸魚やお造り、切り身など「じもの商品」を幅広く取り揃える。また、骨とり切り身や半調理品を拡充する。

畜産部門では、国産黒毛和牛を中心に希少部位のほか、肥育から出荷まで徹底管理した「トップバリュ グリーンアイ タスマニアビーフ」を販売する。また、豊田市で肥育された「とよたひまわりポーク」を品揃えし、「じもの」商品の拡充に努める。

デリカ(惣菜、寿司、ベーカリー)部門では、昼食や夕食の時間帯に合わせて出来たての商品をタイムリーに提供するとともに、店内で焼きあげる国産焼鳥をはじめ、手づくりおにぎり、焼きたてパンなどをラインアップする。

ステープル(デイリー、グロサリー、ノンフーズ)部門では、イオンのプライベート・ブランド「トップバリュ」を積極的に展開するなど、毎日の暮らしに欠かせない商品の充実を図る。愛知県の地酒をはじめとするこだわりの商品や、地域で親しまれる「じもの」商品の拡充にも努める。

同社では、「ちゃんとごはん」をテーマに、レシピや健康的な食生活の提案、食事バランスを考慮した弁当や惣菜の紹介などに取り組んでいる。店内テレビモニターや販促物を活用してこの取り組みを紹介し、日々の食事からお客の健康をサポートしていく。

■マックスバリュ豊田四郷店
所在地/愛知県豊田市豊田四郷駅周辺土地区画整理事業24街区1画地
開店日/2020年9月4日(金)
営業時間/24時間営業
駐車台数/409台
駐輪台数/208台
売場面積/1878㎡(569坪)
店長/大川 清(おおかわ きよし)
従業員数/90人(パート・アルバイト8時間換算人員/うち正社員15人)

流通手帳2022年度版流通関連データ60ページ付き~ノウハウを持ち運び〜
流通手帳2022年度版流通関連データ60ページ付き~ノウハウを持ち運び〜

関連カテゴリー

店舗 最新記事

一覧

最新ニュース

一覧