ゲオnews|オフプライスストア・Luck Rackイオンモールつくば店10/15開設

(株)ゲオホールディングス(名古屋市中区、遠藤結蔵社長)の子会社である(株)ゲオクリア(名古屋市中区、川辺雅之社長)は、メーカーや小売店などから販売時期を逃した商品や余剰品を仕入れ、メーカー希望小売価格より低価格で販売するオフプライスストア業態の小売店「Luck Rack(ラックラック) イオンモールつくば店」を、10月15日(金)にオープンする。

オフプライスストアは、海外では欧米諸国を中心に一般的な業態として認知されている。一方、日本ではオフプライス業態の店舗は少なく、メーカーなどが自社ブランドを低価格で販売するアウトレット業態が多い。

2018年8月に設立されたゲオクリアは、オフプライス業態の認知向上と消費者への浸透を目指し、オフプライスストア「ラックラック」を運営している。

「ラックラック」は 2019年4月に神奈川県横浜市にオープンした1号店を皮切りに、現在14店舗を展開している。今回オープンする「ラックラック イオンモールつくば店」で常設店舗15店舗目となる。

「ラックラック イオンモールつくば店」では、メンズ・レディースの衣料品やバッグ・靴・アクセサリーなどの服飾品、化粧品など合計約5000 点の商品を扱う。スポーツブランドをはじめ、インポートブランドやカジュアルブランドなど、約150 ブランドをライナップする。

同店は「宝探しのようなショッピング体験」をショップコンセプトとし、リアル店舗の強みである友人や家族との買物体験を楽しめる空間を提供する。内装はシンプルなデザインで、アイテムやテイストをまとめて陳列することによって、欲しい商品をすぐに見つけられるように工夫している。

ゲオクリアは、2024 年までに「ラックラック」を50 店舗まで拡大し、ゲオの強みである全国でのチェーンストア展開を目指す。

オフプライスストアは、さまざまなブランドやメーカーの新品を1つの店舗に集約して低価格で販売する業態。メーカーや小売店の販売時期を逃した商品や余剰品を仕入れ、メーカー希望小売価格より低価格で販売する。主にアパレル製品に特化し、売場ではコーディネート陳列などによって商品を展開する。

低価格販売の一業態であるアウトレット店は、モール内に各ブランドの店舗があり、メーカーが自社ブランドの余剰品などを販売する。一方、オフプライスストアには、自社でアウトレット店を持たないブランドの商品も並ぶことがある。また、ディスカウントストアは、現在市場に出ている商品を大量に仕入れることで低価格に設定し、商品構成はアパレルに特化することなく、総合的に商材を取り扱っていることが特徴だ。

■ラックラックイオンモールつくば店
所在地/茨城県つくば市稲岡66-1 イオンモールつくば2F
オープン日/2021年10月15日(金)
営業時間/10:00~21:00
売場面積/約73坪
取扱商品/衣料品、バッグ・靴・アクセサリーなどの服飾品

新時代のアプリ戦略「チラシを廃止しても成功した小売店の秘訣」 ~導入効果を最大化させる5つの方法~
新時代のアプリ戦略「チラシを廃止しても成功した小売店の秘訣」 ~導入効果を最大化させる5つの方法~

関連カテゴリー

店舗 最新記事

一覧

最新ニュース

一覧