バローnews|オリックス・中部電力と協働し「太陽光発電システム」導入

(株)バローホールディングス(岐阜県恵那市、田代正美社長)は12月16日(月)、オリックス(株)(東京都港区、井上亮社長)、中部電力(株)(愛知県名古屋市、勝野哲社長)と、BCP(事業継続計画)機能を備えた太陽光発電システムの第三者所有モデル「PPAモデル」をバローグループの店舗に導入することで合意した。

PPAモデルとは、第三者が電力需要家の敷地や屋根などを借り受けて太陽光発電システムを設置し、発電した電力を需要家に供給する事業モデル。

3社は協働して、2020年6月に「スーパーマーケットバロー下恵土店」(岐阜県可児市)、「スーパーマーケットバロー三園平店」(静岡県富士宮市)の2店舗にPPAモデルを試行的に導入する。

オリックスは、各店舗に太陽光発電システム、リチウムイオン蓄電池、エネルギーマネジメントシステム(EMS)を設置・運営し、太陽光によって発電された電力を各店舗に供給する。

中部電力は、このサービスのアレンジャー役を担うが、太陽光発電だけでは賄えない電力を店舗に供給する。

バローホールディングスにとっては、再生可能エネルギーの利用やEMSの省エネ機能によって、PPAモデル設置前と比較してCO2排出量を抑制することが期待できる。また、自然災害などによる停電が発生した際には、自動的に蓄電池から電力が供給される系統に切り替わるため、非常時でも店舗運営を継続することができる。


〈PPAモデルの仕組み〉

今後はバローグループのスーパーマーケットの他店舗やドラッグストアなどへの導入についても検討していく。

関連カテゴリー

戦略 最新記事

一覧

最新ニュース

一覧