ファミマnews|「Amazon Hub ロッカー」9/18から首都圏店舗を中心に設置

(株)ファミリーマート(東京都港区、澤田貴司社長)は、アマゾンジャパン合同会社(東京都目黒区、ジェフ ハヤシダ社長)と業務提携し、荷物受取専用ロッカー「Amazon Hub ロッカー」を、9月18日(水)から、首都圏を中心としたファミリーマート店舗へ順次設置する。2019年度内に約50店舗の設置を目指す。


「Amazon Hubロッカー」はアマゾンのECサイトで購入した商品を受け取ることができるロッカーサービスだ。アマゾンで商品を購入し、商品が到着すると、バーコードの入ったメールが送られてくる。そのバーコードをロッカーで読み取らせると、商品が取り出せる。保管期間は3日間で返品には対応していない。

ファミリーマートでは、「Amazon Hubロッカー」の導入によって、顧客がレジで待たずに、商品を受け取ることができる利便性と、保管スペースの確保が要らない点や、商品の受け取り・受け渡し業務など手間が省けるとして、店舗オペレーションの効率化につながると見込んでいる。

関連カテゴリー

システム 最新記事

一覧

最新ニュース

一覧