U.S.M.Hnews|公式モバイルアプリScan&Goサービスを500店舗へ導入完了

ユナイテッド・スーパーマーケット・ホールディングス(株) (東京都千代田区、藤田元宏社長、略称U.S.M.H)は、スマートフォン決済できるU.S.M.H公式モバイルアプリ「Scan&Go Ignica(スキャン・アンド・ゴー・イグニカ)」の利用可能店舗が、8月20日(金)マックスバリュエクスプレス市川店への導入をもって、500店舗に到達したことを発表した。

同社は2019年から、グループ店舗へのScan&Goサービスの導入を進めてきた。2021年8月24日現在、Scan&Goの利用可能店舗数はU.S.M.Hグループの(株)マルエツが300店舗、(株)カスミが184店舗、マックスバリュ関東(株)が12店舗。さらにイオングループの(株)光洋1店舗、パレッテ(株)3店舗。

U.S.M.Hは今後もスキャン&ゴーの、UI/UX(ユーザーインターフェイス/ユーザーエクスペリエンス)を含め、サービス強化に努めていく。

新時代のアプリ戦略「チラシを廃止しても成功した小売店の秘訣」 ~導入効果を最大化させる5つの方法~
新時代のアプリ戦略「チラシを廃止しても成功した小売店の秘訣」 ~導入効果を最大化させる5つの方法~

関連カテゴリー

システム 最新記事

一覧

最新ニュース

一覧