マツキヨnews|6/21ワクチン職域接種開始/従業員・家族を対象

(株)マツモトキヨシホールディングス(千葉県松戸市、松本清雄社長)は6月21日(月)から、千葉県松戸市の本社で新型コロナワクチンの職域接種を開始する。

対象となるのは、接種を希望する従業員。またその後、従業員家族への拡大を予定している。また、行政より要請を受けた場合、近隣住民に対しても拡大に向けて検討する。

ワクチン接種は、集団検診を委託している医療法人社団嵐川大野中央病院の協力で実施する。接種は、同病院に勤務する医療従事者、同社グループ企業である(株)マツモトキヨシファーマシーズの派遣看護師、そして事前にワクチン希釈充填研修を受講した同社グループの勤務薬剤師が従事する。

同社は職域接種によって、エッセンシャルワーカーである従業員のための安全・安心な職場環境を整備する。また、国内での新型コロナウイルス感染症の早期収束に貢献することを目指す。

新時代のアプリ戦略「チラシを廃止しても成功した小売店の秘訣」 ~導入効果を最大化させる5つの方法~
新時代のアプリ戦略「チラシを廃止しても成功した小売店の秘訣」 ~導入効果を最大化させる5つの方法~

関連カテゴリー

新型コロナ 最新記事

一覧

最新ニュース

一覧