マックスバリュ東海news|マックスバリュ富士八幡町店でネットスーパー開始

マックスバリュ東海(株)(静岡県駿東郡、神尾啓治社長)は、5月25日(土)から、マックスバリュ富士八幡町店(静岡県富士市)を配送拠点としてネットスーパーのサービスを開始する。2013年11月からマックスバリュ富士宮若宮店で行っていたサービスを移管するもの。5月23日(金)から受付、25日(土)から1日5回体制で配送する。配送エリアは、富士市、富士宮市(一部エリア除く)。

サービスを利用するには会員登録が必要だが、入会費、年会費は無料で、1回当たりの基本配送料は税込み324円。扱いアイテム数はトップバリュ商品を含めて1万4000ほど。ネットスーパー会員の55.8%が週に1回利用している。

同社のネットスーパーは、2012年10月のマックスバリュ熱海店から始まり、5店目になる。現在、ネットスーパーを行っているのは、「マックスバリュ熱海店」(配送エリアは熱海市、神奈川県足柄下郡湯河原町・真鶴町)、「マックスバリュ御殿場原里店」(御殿場市、裾野市、小山町、伊豆市、伊東市、下田市、東伊豆町、西伊豆町、南伊豆町、河津町、松崎町)、「マックスバリュ沼津沼北店」(沼津市、三島市、長泉町、清水町、函南町、伊豆の国市)、「マックスバリュ清水八坂店」(葵区・清水区の一部を除く静岡市、焼津市、藤枝市)と、伊豆半島を含め静岡県内のかなりのエリアをカバーしている。

 

新時代のアプリ戦略「チラシを廃止しても成功した小売店の秘訣」 ~導入効果を最大化させる5つの方法~
新時代のアプリ戦略「チラシを廃止しても成功した小売店の秘訣」 ~導入効果を最大化させる5つの方法~

関連カテゴリー

Eコマース 最新記事

一覧

最新ニュース

一覧