明治ニュース|発売50年「カール」東日本で販売終了し西日本限定へ

(株)明治は25日、発売から50年になるスナック菓子「カール」シリーズを東海から北海道までの東日本での販売を終了すると発表した。

主力の坂戸工場(埼玉県坂戸市)など全国5カ所の生産拠点のうち、8月中に4カ所で生産を終了する。子会社の四国明治(香川県三豊市)の1カ所の生産だけに絞り、西日本限定(滋賀県・京都府・奈良県・和歌山県以西)での販売とする。

またバラエティは主力の「チーズあじ」「うすあじ」に絞り、「カレーあじ」「大人の贅沢カール」「小つぶカール」は8月生産分をもって終了する。

1968年に発売したカールはコーンスナック菓子のロングセラー商品。テレビCMの「カールおじさん」キャラクターで子供から大人まで親しまれてきた。

ただし、最盛期の1990年代には190億円ほどの売上げを誇ったカールだが、現在はポテトスナックに押されて60億円ほどに低迷。3年ほど前よりブランド存続の可能性を模索してきたが、地域および品目を縮小することで、生産や物流の効率性を高めて、販売を継続させることにした。

60億円商品といえば、新たにつくることも、なかなかに難しい。しかし、現在のカールの生産、流通体制が採算に乗らないことは確かなようだ。さらに将来の成長性も見込めない。妥当な判断だろう。

このニュースはNHKでも盛んに報じられた。カールおじさん、お疲れさま。

検索ワード:カール 明治 コーン スナック 販売終了

流通手帳2022年度版流通関連データ60ページ付き~ノウハウを持ち運び〜
流通手帳2022年度版流通関連データ60ページ付き~ノウハウを持ち運び〜

関連カテゴリー

新商品 最新記事

一覧

最新ニュース

一覧