7月ドラッグストア統計|前年比202%増/ウエルシア・コスモス薬品増収

経済産業省発表「商業動態統計速報」によれば、7月のドラッグストア販売額は6339億円で、前年同月に比べて2.2%増加した。店舗数は前年から69店舗増えて1万7290店。


カテゴリー別に見ると、食品が6.4%増、調剤医薬品が5.8%増、ビューティケア(化粧品・
小物)が4.6%増、健康食品が3.3%増、トイレタリーが2.0%増、OTC医薬品が0.9%の増加となった。 一方、ヘルスケア用品(衛生用品)・介護・ベビーが10.4%減、家庭用品・日用消耗品・ペット用品が2.0%の減少となった。

主要ドラッグストア5社の7月度既存店売上高(%は前年同月比)は、ウエルシアとコスモス薬品が増収だった。

ウエルシアホールディングス(株)     +4.1% (客数+1.6%、客単価+2.5%)
(株)コスモス薬品            +0.5%
(株)サンドラッグ ドラッグストア事業  ▲0.2%
(株)ツルハホールディングス       ▲2.0% (客数▲4.2%、客単価+2.3%)
(株)マツモトキヨシホールディングス   ▲3.2% (FC店+14.0%)

新時代のアプリ戦略「チラシを廃止しても成功した小売店の秘訣」 ~導入効果を最大化させる5つの方法~
新時代のアプリ戦略「チラシを廃止しても成功した小売店の秘訣」 ~導入効果を最大化させる5つの方法~

関連カテゴリー

統計 最新記事

一覧

最新ニュース

一覧