ローソンnews|フードバンクを通じて米約3トンを1470世帯に支援配布

CSR

(株)ローソン(東京都品川区、竹増貞信社長)は、2020年7月1日からのレジ袋有料化を受け、レジ袋の無料配布を止め、植物由来の素材を30%配合して環境に配慮したレジ袋を1枚3円で販売している。

このレジ袋の直営店の収益金の一部を活用し、米約3トンを一般社団法人全国フードバンク推進協議会へ寄付する。寄付した米は、8月24日(火)から順次、全国フードバンク推進協議会を通じて支援を必要とする1470世帯に1袋(2kg)ずつ届ける予定だ。

米はローソンのおにぎりのブランド「おにぎり屋」で使用している原料米になる。夏休み期間で給食がなくなり、昼食の準備で困っている家庭をサポートする。

新時代のアプリ戦略「チラシを廃止しても成功した小売店の秘訣」 ~導入効果を最大化させる5つの方法~
新時代のアプリ戦略「チラシを廃止しても成功した小売店の秘訣」 ~導入効果を最大化させる5つの方法~

関連カテゴリー

CSR

CSR 最新記事

一覧

最新ニュース

一覧