ローソンnews|「悪魔のおにぎり」改良版と焼きうどん・パン・トースト追加

(株)ローソン(東京都品川区、竹増貞信社長)は、全国のローソン1万3732店(2018年11月末現在)で、1月15日(火)から、改良版「悪魔のおにぎり」(税込110円)を販売する。

2018年10月に発売した「悪魔のおにぎり」は、白だしで炊いたご飯に天かす、青のり、天つゆなどを混ぜ合わせたレシピで、“悪魔的に”やみつきになるおいしさとしてテレビやSNSで話題になった。発売からの累計販売数は約1700万個(2019年1月9日現在)に上る。おにぎりでは「シーチキンマヨネーズ」が20年以上に渡って売上げ1位を維持しているが一時、その販売数を上回るほど大ヒットしている。

その「悪魔のおにぎり」改良商品はごま油とねぎが加わった。

また同日には「悪魔の」シリーズ第2弾として焼きうどんにあおさ入り天かすを加えた焼きうどん(税込399円)も発売する。

さらに1月22日(火)からは、天かすとあおさをトッピングした「悪魔のパン」(税込150円)と、2種類のチーズクリームとシュレッドチーズ、砂糖をトッピングした「悪魔のトースト」(税込125円)も展開していく。

関連カテゴリー

新商品 最新記事

一覧

最新ニュース

一覧