イケアnews|プラントベース冷凍ひき肉「VÄRLDSKLOK」9/1発売

ホームファニッシングカンパニーのイケア・ジャパン(株)(千葉県船橋市、ヘレン・フォン・ライス社長兼Chief Sustainability Officer)は9月1日(水)から、プラントベースの冷凍ひき肉「VÄRLDSKLOK(ヴェルドスクロック)」を全国のイケア店舗で発売する。

同商品は肉や卵を一切使わず、エンドウ豆由来のタンパク質を使って開発した100%植物由来のひき肉。見た目も味も肉にそっくりで、形を変えたり、さまざまな味付けが可能なため、ハンバーグやミートボールをつくることができる。価格は袋入り750gで999円(税込)。

イケアはサステナブルな未来をつくるため、2025年までに食品事業の小売販売商品の80%を植物由来食品にすることを目標に掲げている。これまでプラントカツカレー、プラントラーメン、プラントボールなどの商品を提供してきた。

なお植物由来の素材を食べることで、同社の掲げるクライメートフットプリント(環境対策目標)に貢献できるとしている。また、プラントベースひき肉を発売することで、2030年までの達成を目標にしているクライメートポジティブ(バリューチェーン全体で温室効果ガスを削減する取り組み)にも貢献する。

新時代のアプリ戦略「チラシを廃止しても成功した小売店の秘訣」 ~導入効果を最大化させる5つの方法~
新時代のアプリ戦略「チラシを廃止しても成功した小売店の秘訣」 ~導入効果を最大化させる5つの方法~

関連カテゴリー

新商品 最新記事

一覧

最新ニュース

一覧