イオン九州news|9/1付機構改革、経営統合のシナジー効果の最大化目指す

イオン九州(株)(福岡市博多区、柴田祐司社長)は9月1日付で、機構改革とそれに伴う執行役員の人事異動を行う。

機構改革は、経営統合によるシナジー効果の最大化を早期に実現できる組織体制を構築することを方針とする。そこで、第1に、本社業務を見直し、現場最優先のマネジメント体制を構築する。第2に、本社のレポートラインを見直し、シンプルな組織体制を構築する。

1.営業・商品担当配下の「食品本部」「衣料・住居余暇本部」を廃止し、新たに「営業本部」「商品本部」を配置する。
2.管理担当配下の「経営戦略本部」を「コーポレートトランスフォーメーション(CX)推進本部」に改称する。また、「エリア政策機能」を社長直轄に移管する。
3.「営業本部」配下に「福岡事業部」「佐賀・筑後事業部」「長崎事業部」「熊本事業部」「鹿児島事業部」「大分事業部」「宮崎事業部」「エクスプレス事業部」「サイクル事業部」「新店・活性化推進部」を配置する。
4.「商品本部」配下に「食品商品統括部」「衣料・住居余暇商品統括部」を配置する。
5.営業・商品担当配下の「営業企画部」を「CX推進本部」に移管する。また、「ストアオペレーション部」を廃止し、機能は各部に移管する。
6.管理担当配下の「経営企画部」を「管理本部」に移管する。
7.社長直轄に新たに「成長戦略PT」を設置する。

執行役員人事では、川村泰平氏が執行役員営業本部長に、西嶋洋一郎氏が執行役員商品本部長(兼)食品商品統括部長に、岩下良氏は執行役員DX責任者(兼)コーポレートトランスフォーメーション(CX) 推進本部長に就く。

新時代のアプリ戦略「チラシを廃止しても成功した小売店の秘訣」 ~導入効果を最大化させる5つの方法~
新時代のアプリ戦略「チラシを廃止しても成功した小売店の秘訣」 ~導入効果を最大化させる5つの方法~

関連カテゴリー

組織 最新記事

一覧

最新ニュース

一覧