4月チェーンストア統計|既存店0.4%増/相場高・価格上昇でプラス

日本チェーンストア協会(東京都千代田区、三枝富博会長)が4月度の「チェーンストア販売統計」を発表した。会員企業数47社、店舗数9155店の調査。店舗数は前年同月より1547店舗減、前月より1765店舗減少している。

4月の総販売額は1兆0146億3207万円で、前年同月比は全店で91.7%、既存店は100.4%だった。

4月度は、「食料品」は節約志向からの買上点数減少が見られたが、農産品の相場高や店頭価格上昇もありまずまずの動きだった。売上構成比68.7%で、売上高は6969億5948万円。既存店前年同月比は101.4%。

「衣料品」は、気温の低下により春物商品の動きが鈍かった。構成比は5.1%で、売上高515億9624万円、既存店81.0%で前年割れとなった。

「住関品」はまずまずの動きだった。構成比20.6%で、2095億1414万円、既存店107.1%。

1㎡当たり売上高は4万4387円で、前年同月より1.2%減少した。

関連カテゴリー

統計 最新記事

一覧

最新ニュース

一覧