ファーストリテイリングnews|4/1からショッピングバッグ有料化

(株)ファーストリテイリング(山口県山口市、柳井正会長兼社長)傘下のユニクロとジーユーは4月1日(水)から、国内全店舗でショッピングバッグを有料化し、1枚一律10円(税抜き)で販売する。


■環境配慮型紙製ショッピングバッグ

プラスチックごみによる環境汚染への懸念が世界的に増大するなか、ファーストリテイリングは 2019年7月に、使い捨てプラスチックを2020年中にグループ全体で、2018年実績から85%(約7800トン)削減する目標を設定した。この取り組みの一環として2019年9月から、プラスチック製ショッピングバッグを順次、FSC認証(森林認証)を受けた紙または再生紙を使用した環境配慮型の紙製へと切り替えてきた。

FSC認証とは、環境保全と持続可能性の観点から、適切に管理された森林から生産された原料で製造された製品であることを示す認証である。

現在、ファーストリテイリングはユニクロ、ジーユーの全店舗でオリジナルのエコバッグを販売し、マイバッグとして持参することを呼びかけている。


ユニクロ オリジナルエコバッグ M・Lサイズ 各190円(税抜き)

今回、ユニクロとジーユーの国内全店舗に紙製ショッピングバッグを導入するのに合わせて、ショッピングバッグの有料販売を開始する。さらにマイバッグの利用促進を図り、ショッピングバッグ全体の使用量削減に努めていく。

同時に商品パッケージについても見直しを進めている。プラスチック製パッケージの撤廃、FSC認証を受けた紙などを使った代替パッケージへの切り替えを実施している。2019年秋冬シーズンからは、ユニクロのルームシューズのプラスチック製パッケージを廃止した。2020年春夏シーズンのエアリズム一部商品などでも、紙製ヘッダータイプのパッケージを導入している。

さらに、2020年秋冬シーズンからは、ユニクロのヒートテック、ジーユーの一部インナー商品でも順次、代替素材パッケージへの切り替えを進めていく計画だ。

新時代のアプリ戦略「チラシを廃止しても成功した小売店の秘訣」 ~導入効果を最大化させる5つの方法~
新時代のアプリ戦略「チラシを廃止しても成功した小売店の秘訣」 ~導入効果を最大化させる5つの方法~

関連カテゴリー

戦略 最新記事

一覧

最新ニュース

一覧