そごう・西武news|そごう千葉店取引先社員・そごう川口店社員がコロナ感染

(株)そごう・西武(東京都千代田区、林拓二社長)は、首都圏2店舗で新型コロナウイルスの感染者が判明したことを発表した。

7月10日(金)に判明したのは、そごう千葉店の取引先社員1名で、勤務場所はジュンヌ館4階の専門店(プラステ)。7月7日(火)が最終出勤日となり、7月9日(木)にPCR検査を実施して10日に陽性であることがわかった。そごう千葉店では、7月10日閉店後、全館の消毒清掃を実施し、7月11日(土)には常通り営業をしている。

もう一人の感染者は、そごう川口店勤務の正社員で、7月11日(土)に感染が確認された。勤務場所は地階の食品売場だ。7月6日(月)が最終出勤日となり、7月7日に体調不良のため保健所に相談して、7月10日(金)にPCR検査を行い。7月11に陽性とわかった。

そごう川口店では、7月11日の閉店後、全館の消毒清掃を実施した。所轄保健所に確認のうえ、7月12日(日)に通常営業している。

しかし、そごう川口店では7月8日(水)にすでに従業員1名が感染していることが確認されている。同じく地階食品売場で勤務していた社員だ。この段階で、濃厚接触者は確認されないと発表していたが、二人目の感染者を出したことになる。現在、濃厚接触者の有無を調査中だという。

関連カテゴリー

戦略 最新記事

一覧

最新ニュース

一覧