ファミマnews|佐賀市内店舗の使用済み食用油をリサイクル/回収6店に拡大

CSR

(株)ファミリーマート(東京都港区、細見研介社長)は、佐賀県佐賀市(秀島敏行市長)と2021年1月29日(金)に締結した「環境に配慮した地域資源循環等の連携に関する協定書」に基いて、2月以降、佐賀市が取り組んでいる使用済み食用油を再生し高品質バイオディーゼル燃料(HiBD)に精製する事業で連携してきた。

具体的には佐賀市内のファミリーマート3店舗の使用済み食用油を、佐賀市が回収・精製し、佐賀市営バスなどの燃料として使用してきたが、9月から回収対象店舗を6店に拡げる。

実施店舗は、佐賀川副町店、佐賀多布施店、佐賀鍋島四丁目店、佐賀鹿江店、佐賀富士店、佐賀西与賀店となる。

新時代のアプリ戦略「チラシを廃止しても成功した小売店の秘訣」 ~導入効果を最大化させる5つの方法~
新時代のアプリ戦略「チラシを廃止しても成功した小売店の秘訣」 ~導入効果を最大化させる5つの方法~

関連カテゴリー

CSR

CSR 最新記事

一覧

最新ニュース

一覧