コーナン商事news|兵庫県芦屋市と「災害時における物資供給協定」締結

CSR

コーナン商事(株) (大阪市淀川区、疋田直太郎社長)は9月6日(月)、兵庫県芦屋市(伊藤舞市長)と「災害時における物資の供給に関する協定」を締結した。

協定では、芦屋市内に災害が発生した場合、または発生する恐れがある場合、コーナン商事と芦屋市が相互に協力して、災害時の住民生活の早期安定を図る。

コーナン商事は8月31日(火)に、兵庫県丹の波篠山市と同様の協定を締結したばかり。出店エリアの行政との災害時協定は、地域密着産業である小売業にとって重要だ。

■災害時における物資の供給に関する協定
1.コーナン商事は芦屋市より要請を受けたとき、速やかに物資を調達し適切
な措置をとるとともに優先的供給に努めるものとする。
2.コーナン商事および芦屋市は、この協定に基づく協力が円滑に行われるよう
必要に応じ相互に情報交換を行うものとし、平素から災害発生時に備えるものとする。

新時代のアプリ戦略「チラシを廃止しても成功した小売店の秘訣」 ~導入効果を最大化させる5つの方法~
新時代のアプリ戦略「チラシを廃止しても成功した小売店の秘訣」 ~導入効果を最大化させる5つの方法~

関連カテゴリー

CSR

CSR 最新記事

一覧

最新ニュース

一覧