サミットnews|7月既存店10.3%増/食品・住関品2桁増で売上高259億円

サミット(株)(東京都杉並区、服部哲也社長)の7月の既存店売上げは、110.3%と前年を大きく上回った。全119店舗の総売上高は258億5800万円。新型コロナウイルス感染症の再拡大で、巣ごもり需要が活性化した。

部門別売上高では食品が244億5400万円で12.2%増、住関品が13億9700万円で18.0%増、その他が8000万円で16.7%減。

119店舗の総売場面積は20万3419㎡(6万1642坪)。前年の115店舗19万7594㎡から2.9ポイント増加している。7月10日(金)に、東京都千代田区に「サミットストア神田スクエア店」を新規開設している。

関連カテゴリー

決算 最新記事

一覧

最新ニュース

一覧