西松屋news|8月既存店売上高8.2%増/長雨で傘・ブーツ、猛暑で夏物衣料伸長

(株)西松屋チェーン(兵庫県姫路市、大村禎史社長)が8月20日で締めた8月度の営業速報を発表した。8月も来店客数が伸び、既存店売上高は前年同月比8.2%増で、10カ月連続の増収だ。客数は2.2%増、客単価は5.8%増。

既存店、新店、インターネット販売を合計した全店ベースでは、客数が3.0%増、客単価が4.3%増で、売上高は7.5%増。

育児・服飾雑貨の売上高が好調に推移した。また、長雨で傘やレインブーツが好調であったほか、梅雨明け後の猛暑で夏物衣料の売上高が伸びた。

8月度の新規出店は、新坂井春江店(福井県坂井市)、アクロスモール新鎌ヶ谷店(千葉県鎌ケ谷市)、ダイエー武蔵村山店(東京都武蔵村山市)の3店舗。

閉店は、滑川上小泉店(富山県滑川市)、大分中津店(大分県中津市)、コープ片倉店(横浜市神奈川区)の3店舗。

関連カテゴリー

決算 最新記事

一覧

最新ニュース

一覧