ドンキnews|2020年ユニーのダブルネーム業態転換店第1弾発表/まず4店

UDリテール(株)(神奈川県横浜市、関口憲司社長)は、2020年のドン・キホーテとユニーのダブルネームの業態転換店舗の第一弾を発表した。2020年2月に総合スーパー「アピタ」4店舗を全館リニューアルする。

●対象店舗と時期
アピタ小牧(愛知県小牧市堀の内三丁目15番地)2020年2月中旬
アピタ岐阜(岐阜県岐阜市加納神明町六丁目1番地)2020年2月中旬
アピタ大口(愛知県丹羽郡大口町丸二丁目36番地)2020年2月下旬
アピタ市原(千葉県市原市青柳北一丁目1番)2020年2月下旬

USリテールの親会社のパン・パシフィック・インターナショナルホールディングス(旧ドンキホーテホールディングス)は、2023年までの期間を目途として、アピタ、ピアゴ約100店舗をダブルネーム店舗に業態転換していくと発表している。

ダブルネームの業態転換店舗は、2019年12月までに、ピアゴ18店舗、アピタ10店舗の28店舗をオープンする計画だ。そのうち、9店舗は2月末までに営業を開始している。

>業態転換店舗一覧

関連カテゴリー

店舗 最新記事

一覧

最新ニュース

一覧