ローソンnews|省エネ・省CO2化を目指すモデル店舗を中国に開店

(株)ローソン(東京都品川区、竹増貞信社長)は、パナソニック(株)(大阪府門真市、津賀 一宏社長)の協力を得て4月28日(水)、中華人民共和国上海市閔行区(びんこうく)七莘路(しちしんろ)に、省エネ・省CO2化を目指す環境配慮モデル店舗「ローソン七莘路1010号」をオープンする。

同店では、室外機にGWP(地球温暖化係数)の低い冷媒R448A/R449Aを使用した冷凍機、高効率LED照明、セルフサービスの新型電子レンジ、省エネ実行支援システムなどを採用することで、電気使用量とCO2排出量ともに約2割の削減(2015年度の標準的な店舗対比)を目指す。それに加えて、パナソニックの独自技術「ナノイー」発生器を設置した業務用エアコンや、空間除菌脱臭機「ジアイーノ」で店内の脱臭・除菌を行って、クリーンな空気質を提供する。

また、ローソンとパナソニックは、同日から中国において、リファービッシュリースの新事業も行う。中国では、店舗の土地の不動産契約が5年と日本に比べて短く、移転する際に、店舗の要冷機器や什器を廃棄することがあった。この事業では、中国のローソン店舗で使用済みになった要冷機器や什器をパナソニックが回収・メンテナンスを行い、中国国内の店舗向けに再リースする。そうすることで新しい機器、什器を購入するよりコストを抑えられ、店舗の新規オープンの際の投資費用削減と資源ロスの削減にもつなげることができる。

新時代のアプリ戦略「チラシを廃止しても成功した小売店の秘訣」 ~導入効果を最大化させる5つの方法~
新時代のアプリ戦略「チラシを廃止しても成功した小売店の秘訣」 ~導入効果を最大化させる5つの方法~

関連カテゴリー

店舗 最新記事

一覧

最新ニュース

一覧