マックスバリュ東海news|マックスバリュ鈴鹿店(三重県・573坪)9/4刷新

マックスバリュ東海(株)(静岡県浜松市、神尾啓治社長)は 9月4日(土)、三重県鈴鹿市にある「マックスバリュ鈴鹿店」をリフレッシュオープンした。同店は1998年に開店した売場面積は573坪のスーパーマーケット。改装では、“お客さまの「ちょうど!」と「もっと!」にお応えできるお店”をコンセプトに売場、設備を刷新している。

じもの商品を拡充し、季節感のある売場展開を図り、普段使いの商品からこだわりの商品まで、お客の多様なニーズに応じた商品を提供することで、普段の生活をより豊かにするスーパーマーケットを目指す。

青果売場では地場野菜や地域の銘産品などを集めた「じもの」コーナーを展開する。生産者から直送される野菜・果物、地元商品を多数揃え、地域で生産されたものを地域で消費する「地産地消」を推進していく。

デリカ売場は焼き鳥、手づくりおむすび、サラダ、冷惣菜や寿司などの店内加工商品を強化する。また昼食や夕食の時間帯に合わせてでき立ての商品をタイムリーに提供する体制を組む。さらに小容量など買いやすい量目の商品化を図る。

簡便・即食・時短などに対応する半調理品やレトルト商品、冷凍食品は拡充する。また、健康を意識した食材や商品、小容量や食べきりサイズの量目商品など、お客の多様なニーズに対応した品揃えを行っていく。

レジはキャッシュレスセルフレジを6台導入している。

■マックスバリュ鈴鹿店
住所/三重県鈴鹿市北玉垣町801
開店日/2021年9月4日(土)
営業時間/7:00~23:00
駐車台数/716台
直営売場面積/1891㎡(573坪)
店長/清水 政樹(しみず まさき)
従業員数/47名(8時間換算人員、うち正社員6名)

新時代のアプリ戦略「チラシを廃止しても成功した小売店の秘訣」 ~導入効果を最大化させる5つの方法~
新時代のアプリ戦略「チラシを廃止しても成功した小売店の秘訣」 ~導入効果を最大化させる5つの方法~

関連カテゴリー

店舗 最新記事

一覧

最新ニュース

一覧