アマゾンnews|IT導入支援事業者認定で補助金申請サポートサイト開設

アマゾン・ジャパン合同会社(東京都目黒区、ジャスパー・チャン社長、ジェフ・ハヤシダ社長)は、「IT導入補助金2019」の「IT導入支援事業者」に認定された。

「IT導入補助金2019」とは経済産業省が進める「平成30年度補正サービス等生産性向上IT導入支援事業」で、中小企業・小規模事業者が生産性向上を図ることを目的に導入するIT ツール経費の一部を補助する。経産省監督の下、一般社団法人サービスデザイン推進協議会が事務局となって運営している。

アマゾン・ジャパンは、「IT導入補助金申請サポートプログラム」のウェブサイトを5月27日(月)から開設する。補助対象者となる中小企業および小規模事業者に対して、ITツールの情報提供や購入、補助金の交付申請および受領のサポートなどを行っていく。

法人・個人事業主向けの購買専用サイト「Amazonビジネス」、個人向けのECサイト「Amazon.co.jp」で販売しているソフトウェアを新規購入する場合、1社当たり最大150万円未満(税抜き合計購入金額の50%)が補助金の対象となる。

関連カテゴリー

戦略 最新記事

一覧

最新ニュース

一覧