ファミマnews|フランチャイズ加盟店2店舗で従業員がコロナ感染

(株)ファミリーマート(東京都港区、澤田貴司社長)は7月30日(木)、加盟店2店舗の従業員が新型コロナウイルスに感染したことが判明したと発表した。

1名は、 フランチャイズ加盟店「トモニー所沢駅店」(埼玉県所沢市)に勤務する10代女性社員。

[従業員の直近の勤務実績と経緯]
・7月27日(月)店舗事務所にて入社手続き実施。勤務実績無し。
・7月28日(火)医療機関を受診。PCR検査を実施。
・7月30日(木)新型コロナウイルス陽性と判明(現在自宅療養中)

これを受けて、「トモニー所沢駅店」ならびに同敷地内にある「トモニー所沢駅改札内店」は、7月30日(木)17時00分から一時休業した。消毒作業を実施し、全従業員の健康状態を調査する。

もう1名は、フランチャイズ加盟店「ファミリーマートあべのアポロ店」(大阪府大阪市)の20代男性従業員。同店は7月31日(金)2時00分から一時休業した。保健所の指導のもと、店舗の消毒作業が完了し、濃厚接触者もいないと確認されたことから、7月31日(金)3時から営業再開している。

[従業員の直近の勤務実績と経緯]
・7月16日(木)から、最終勤務日である7月25日(土)まで、計5日間勤務。
・7月29日(水)医療機関を受診。PCR検査を実施。
・7月30日(木)新型コロナウイルス陽性と判明。現在入院中。

関連カテゴリー

戦略 最新記事

一覧

最新ニュース

一覧