セブン‐イレブンnews|「au PAY」「d払い®」「ゆうちょPay」「楽天ペイ」導入

(株)セブン‐イレブン・ジャパン(東京都千代田区、永松文彦社長)は、KDDI(株)の「au PAY」、(株)NTTドコモの「d払い®」、ゆうちょ銀行の「ゆうちょPay」、そして楽天ペイメント(株)の「楽天ペイ(アプリ決済)」の国内4社のバーコード決済サービスの利用を、10月1日(火)から全国のセブン‐イレブン2万1034店(2019年8月末現在)で開始する。

現在セブン‐イレブン店舗で利用できるバーコード決済サービスは「PayPay」「メルペイ」「LINE Pay」「アリペイ(Alipay)」「WeChat Pay(微信支付)」。新たに4社が加わり、セブン‐イレブン店舗での利用可能なバーコード決済サービスは9社となる。

さらにセブン&アイグループの電子マネー「nanaco」をはじめ、交通系電子マネーや各種クレジットカード等のキャッシュレス決済ができる。これらによって10月1日から始まるキャッシュレス決済によるポイント還元に対応していく。

流通手帳2022年度版流通関連データ60ページ付き~ノウハウを持ち運び〜
流通手帳2022年度版流通関連データ60ページ付き~ノウハウを持ち運び〜

関連カテゴリー

システム 最新記事

一覧

最新ニュース

一覧