ベストバイnews|コロナ対策で店内入店禁止/駐車場でのピックアップを推奨

アメリカの大手家電チェーン、ベストバイ(ミネソタ州ミネアポリス、コリー・バリーCEO)は、新型コロナウイルス(COVID-19)感染抑制対策の一環として、人と接する機会をできるだけ減らすために3月22日(日)から顧客の入店を断り、カーブサイド・ピックアップで対応すると発表した。カーブサイド・ピックアップは、インターネットで注文した商品を指定されている店舗の駐車場で店のスタッフから受け取るサービスである。

顧客はベストバイ・アプリ、インターネットおよび電話で注文した商品を受け取る方法として、「自宅配送」に加え、「カーブサイド・ピックアップ」を選択することができる。商品の準備が完了次第、店舗でのピックアップ場所などがメールで通知される。ピックアップ特別レーンでは、身分証明書と商品購入に利用したクレジットカードを用意し、車のトランクを開けて、従業員が車まで持ってくるのを待つ。従業員による身分証の確認後、オーダーした商品が車のトランクに積み込まれる。

また、3月23日(月)以降は、顧客の自宅内への大型家電搬入サービスが停止され、玄関前までの配送となる。

ベストバイでは「Geek Squad」(ギークスクワッド)という家電やインターネットの専門知識をもつ部門が自宅に訪問して、修理やパソコン操作の補助をするサービスを行っているが、これも当面の間、停止される。今後はオンラインでのバーチャル相談を提供していく。

関連カテゴリー

海外 最新記事

一覧

最新ニュース

一覧