ユニクロnews|7月既存店0.1%増/気温高く夏物商品好調

(株)ユニクロ(山口県山口市、柳井正会長兼社長)が発表した国内ユニクロ7月の売上高は、既存店(710店)+Eコマース販売が前年比100.1%。直営店(782店)+Eコマース販売では前年比102.0%と増加した。

7月は晴れの日が多く、気温も高かったことから、夏物商品を中心に好調だった。

新型コロナウイルス感染症の影響による、7月末時点の臨時休業店舗は6店舗、時間短縮営業を行っていた店舗は143店舗。なお、これらの臨時休業、営業時間短縮した店舗も、既存店および直営店から除外せず算出している。7月の出店はなく、1店舗退店した。

 

新時代のアプリ戦略「チラシを廃止しても成功した小売店の秘訣」 ~導入効果を最大化させる5つの方法~
新時代のアプリ戦略「チラシを廃止しても成功した小売店の秘訣」 ~導入効果を最大化させる5つの方法~

関連カテゴリー

月次 最新記事

一覧

最新ニュース

一覧