セブン&アイnews|お茶飲料を再生PET樹脂100%使用のペットボトルに刷新

CSR

(株)セブン&アイ・ホールディングス(東京都千代田区、井阪隆一社長)は、「セブンプレミアム」のお茶飲料4アイテムをリニューアルした。全国のイトーヨーカドー、ヨークマート、ヨークフーズ、ヨークベニマルなど、セブン&アイグループの約470店で、8月30日(月)から販売を開始する。

今回発売する商品は、セブン&アイグループの環境宣言「GREEN CHALLENGE 2050」に基づいて、再生PET樹脂100%のペットボトルを使用している。セブンプレミアムでは、2019年から再生PET樹脂使用のペットボトル飲料に取り組んでいるが、今回の商品を含めセブンプレミアムのペットボトル全体使用量の内、約20%が再生PETになる。

リニューアルするのは「セブンプレミアム 緑茶 600ml」「セブンプレミアム むぎ茶 600ml」「セブンプレミアム ほうじ茶 600ml」「セブンプレミアム 烏龍茶 600ml」。

再生PET100%使用の環境対応のペットボトルを使用した。ラベルをハーフシュリンクに変更することで、プラスチック量も削減している。容量を各50ml増量した。価格は税込みで各73円。

また、セブン‐イレブンで販売する「セブンプレミアム ジャスミン茶」「セブンプレミアム むぎ茶」「セブンプレミアム 烏龍茶」の3アイテムにも再生PET素材を採用する。

セブン&アイグループのリサイクルペットへの取り組みは以下の通り。

•2019年6月
セブンプレミアム×一(はじめ)「一(はじめ)緑茶 一日一本」を発売。
セブン&アイグループの店頭で回収したペットボトルを使用した再生PET樹脂を100%用いたリサイクルペットボトルを使用した。「一(はじめ)緑茶」シリーズは、セブン&アイ・ホールディングスと日本コカ·コーラ(株)の共同企画商品。

•2020年2月
セブンプレミアム「ライフスタイル ボディクーラー」を発売。
セブン&アイグループの店頭で回収したペットボトルを原料とした再生糸をポリエステル繊維の一部に用いた衣料品。2020年8月には秋冬用のボディヒーターも同様に発売した。その後もシーズンごとに継続して販売している。

•2020年6月
セブンプレミアム×一(はじめ)「一(はじめ)緑茶」シリーズを発売。完全循環型ペットボトルをこのシリーズ3品にも採用した。

新時代のアプリ戦略「チラシを廃止しても成功した小売店の秘訣」 ~導入効果を最大化させる5つの方法~
新時代のアプリ戦略「チラシを廃止しても成功した小売店の秘訣」 ~導入効果を最大化させる5つの方法~

関連カテゴリー

CSR

CSR 最新記事

一覧

最新ニュース

一覧