ユニクロnews|「防災の日」に向け「服の備えチェックリスト」をサイトで公開

CSR

(株)ユニクロ(山口県山口市、柳井正会長兼社長)は、全国の一般生活者と市区町村に対してそれぞれ行った「災害時の備え」に関する調査の結果を受け、避難時に必要な服の用意に役立つ「服の備えチェックリスト」を、8月30日(月)にユニクロのサステナビリティウェブサイトで公開した。また、9月1日(水)「防災の日」には、モデル・タレントの紗栄子氏や、防災システム研究所所長の山村武彦氏と、災害時に必要な「服の備え」を考えるラジオ番組、TOKYO FM×ユニクロ「防災の日 特別番組 ~考えよう、服の備え~」を放送する。

一般生活者の調査では、避難経験者の4人にひとりが「避難時に足りなかった・あったら良かった物」として「服の備え」を回答している。しかし実際に災害時の避難のため「服の備え」を行っている人はわずか14.7%だった。また、全国の市区町村における「災害時の備え」に関する調査結果から、8割以上の自治体で避難時の「服の備え」がされていない実態もあった。その理由として、食料・飲料品、新型コロナウイルス感染症対策品を優先的に備蓄しているため、衣類の備蓄ができていないという意見が多く挙げられたという。

ユニクロは全国47都道府県800店超の店舗ネットワークを活かし、緊急災害時に服を通じた支援を行ってきたが、近年災害が増加傾向にあるなか、災害発生後の支援のみならず、日ごろの備えにつながる情報を発信することも重要と考え、9月1日(水)の「防災の日」に合わせて「服の備えチェックリスト」を公開した。今後、全国の自治体と災害時における物資供給等の協力に関する協定を順次締結し、自治体での「服の備え」を支援する取り組みを推進していく。

新時代のアプリ戦略「チラシを廃止しても成功した小売店の秘訣」 ~導入効果を最大化させる5つの方法~
新時代のアプリ戦略「チラシを廃止しても成功した小売店の秘訣」 ~導入効果を最大化させる5つの方法~

関連カテゴリー

CSR

CSR 最新記事

一覧

最新ニュース

一覧