西友news|楽天西友ネットスーパー「非対面受け取り」「店舗渡し」導入

合同会社西友(東京都北区、リオネル・デスクリー社長兼CEO)は楽天(株)と共同で運営する「楽天西友ネットスーパー」において、新型コロナウイルスの感染防止策の一環として、 5月28日(木)から、原則すべての注文品の配達を「非対面受け取り」とする。

また同日、一部地域において、注文した商品の受け取り場所として、自宅のほかに西友の店舗が選択可能となる「店舗でのお渡しサービス」を試験導入する。

4月中旬からお客の希望に応じて「非対面受け取り」に対応してきたが、お客と配送員が直接接することなく、インターフォン等を通じて商品の置き場所を確認するサービス運用に変える。これによって商品の受け取り時の感染リスクの低減を図る。

「店舗でのお渡しサービス」は、西友行徳店(千葉県)と西友朝霞根岸店(埼玉県)の近隣のお客を対象に試験的に行う。

お客は、「楽天西友ネットスーパー」で商品を購入する際に、受け取り方法として「店舗でのお渡し」を選択の上、受け取り日時を注文当日より4日間の10時から20時までの5つの時間帯の中から指定する。そして指定日時に西友店舗内に設けられた専用の「商品お渡し場所」で購入商品を受け取る。

「楽天西友ネットスーパー」では、感染拡大に伴って需要が高まり、サイトへのアクセスが集中している。それを緩和するために、注文受付開始時間を午前0時と正午の1日2回に分散する。

これまでは、毎日午前0時に注文当日から3日後の注文の受付を開始していたが、 5月28日(木)からは一部配送エリアを対象に、午前0時に3日後の10時から16時までの3つの時間帯、正午に16時から22時までの3つの時間帯の注文受付と変える。これによって注文の分散化を図る。

今後は順次、対象エリアを拡大していき、全配送エリアで注文受付開始時間の分散に対応していく考えだ。

関連カテゴリー

Eコマース 最新記事

一覧

最新ニュース

一覧