ヤマダ電機news|10月に持株会社「ヤマダホールディング」体制へ

(株)ヤマダ電機(群馬県高崎市、三嶋恒夫社長)は10月1日を目途に、会社分割による持株会社体制に移行し、商号を「株式会社ヤマダホールディングス」に変更する。分割準備会社として(株)ヤマダ電機分割準備会社を設立し、家電販売や住宅関連事業を承継させる吸収分割によって実施する。

経営の管理・監督と業務の執行を分離し、持株会社はヤマダグループとしての持続的成長、発展のための経営戦略の企画・立案をはじめとした総合的な統制に特化する。また業務提携、資本提携、M&A 等の事業再編の迅速化を図っていく。

ヤマダホールディング社長には山田昇会長が就任する見込みだ。

 

流通手帳2022年度版流通関連データ60ページ付き~ノウハウを持ち運び〜
流通手帳2022年度版流通関連データ60ページ付き~ノウハウを持ち運び〜

関連カテゴリー

組織 最新記事

一覧

最新ニュース

一覧