青山商事news|スーツをリサイクルした「防災毛布」100枚を天草市に寄贈

青山商事(株)(広島県福山市、青山理社長)は、熊本県天草市へ「防災毛布(災害支援用リサイクル毛布)」100枚を寄贈する。これを受けて、7月4日(月)に天草市役所において「贈呈式」を開催する。同社がこの「防災毛布」を寄贈するのは、2021年に続き2度目(累計200枚)となる。


<2021年7月12日に開催された贈呈式の様子>

天草市は、御所浦島などの“離島”を有するという地域特性と、「令和2年7月豪雨」などの経験から、市民の防災意識向上や災害対策の備えに取り組んでいる。一方、青山商事では①過去に大規模な自然災害を経験した地域であること、②災害発生時に物資が届きにくい離島や遠隔地であること、③同社店舗を営業している地域であることを基準に、防災毛布寄贈の取り組みを行っている。

今回の防災毛布は、店頭で回収したスーツの一部をリサイクルしてつくられている。同社では、顧客と取り組むエコ活動の一環として、年間を通して衣料品を商品割引券と引き換える「下取りサービス」を実施している。回収した衣料品は、主に海外でのリユースの他、車の断熱材や荷物の緩衝剤などとしてにリサイクル利用されている。

2018年からは近年の全国的な自然災害の増加を受けて、防災毛布へのリサイクルも新たに開始した。これに伴い2019年から、天草市の他に、石川県輪島市、新潟県佐渡市、鹿児島県奄美市・龍郷町(奄美大島)の計5自治体に寄贈している。

関連カテゴリー

その他 最新記事

一覧

最新ニュース

一覧